FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4751号(2018/10/25発行)

豊田市博物館 基本計画最終案提示 12月下旬に策定・公表
20181025博物館
 豊田市小坂本町の旧豊田東高跡地に建設予定の市新博物館の基本計画を策定する計画策定委員会(委員長・黒沢浩南山大学教授、18委員)の7回会議が22日、市役所で開かれ、市側から「(仮称)市博物館基本計画案」が示された。今回は最終案で前回までの案が部分修正され、特に豊田の特性がより強調。一方、委員から「駐車場関連や予算、人員が示されていない」の意見が出されたが、黒沢委員長と事務局で集約、12月に市文化財保護審議会(田中祥雄会長、11委員)で最終決定される運びとなった。
【鬼頭】


初期消火やAED体験 藤岡・上渡合自治区で初の消防フェスタ
20181025防災フェスタ
岐阜県恵那市にもほど近い豊田市上渡合自治区(阿垣剛史区長)は21日、地元の生活改善センターで防災フェスタを開催した。藤岡地区では小学校単位で防災訓練を行っているが、住民にとって最も身近な自治区で実施するのは珍しいという。
【後藤】


草花摘み取り顔描く なかよし保育園 森の伝道師派遣
20181025なかよし保育園
遊びを通じて身近な自然と向き合う環境学習が19日、みよし市西一色町のなかよし保育園で行われた。園児らは園舎前一面に広がる田んぼで草花を拾い集め、それを使って似顔絵作りに挑戦した。
【九郎田】


光と音楽で幻想空間演出 足助町香嵐渓もみじまつり 外国人客への対応強化
20181025もみじまつり
 紅葉の名所、豊田市足助町の香嵐渓で11月1日、もみじまつりが始まる。光と音楽イベントをメーンに打ち出し、鮮やかに紅葉を際立たせる。今年から新たに外国人観光客への対応も強化した。30日まで。
【九郎田】


豊田市本町 稲を活用 田んぼアート ラグビーボール出現
四季を身近に 園児と稲刈り交流

20181025田んぼアート
今年度民間移管した豊田市竜神町の竜神こども園(生嶋明美園長、園児200人)の年長園児47人が12日、本町の田んぼで「本町COMEこめ倶楽部」(太田健治代表)会員に鎌の使い方を教えてもらいながら稲刈りを行った。
【岡田】


みよしの成田さんが銅 全国障害者スポーツ大会
20181025スポーツ大会
全国障害者スポーツ大会に出場したみよし市三好町の成田俊一さん(46)が17日、市役所を訪れ、銅メダル2つを取った喜びを小野田賢治市長に報告した。
【岡田】


音楽で秋を感じて 黒笹町のカーデン ラ・ルーチェが3日演奏会
20181025演奏会
豊田市を拠点に活動するピアノとチェロのデュオ「LaLuce(ラ・ルーチェ)」が11月3日、みよし市黒笹町のカーデンで「オータムコンサート クラシック音楽で贈る秋の調べ」を開く。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する