FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4754号(2018/11/15発行)

ラグビーW杯備え 外国人の避難誘導確認 コモ・スクエアで消防訓練
20181115消防訓練
豊田市駅前の大型複合商業施設「コモ・スクエア」(喜多町)で30日、消防訓練が行われた。避難者や負傷者への対応に加え、来年9月に開幕するラグビーワール
ドカップ日本大会で豊田市が会場の一つであるのに備え、実戦さながらに外国人への対応の手順も丁寧に確認した。
【後藤】


謎の「宇宙イモ」収穫期 食物繊維豊富 美容にイイ
20181115宇宙イモ
ヤマイモ科の新生スーパーベジタブルと称される「宇宙イモ」が旬を迎え、豊田市内の農家でも収穫作業に追われている。たこ焼き屋を経営する親戚から3年前に栽培方法を伝授され、市内で数少ない大規模生産者の杉本善紀さん(54)=本新町=は「食物繊維が豊富で腸内をきれいにしてくれるので食べて健康になってもらいたい」とPRする。
【高瀬】


週8時間農業で年100万円稼げる 永覚の高木さん新しい形を提案
20181115s-ネットラジオで発信 農業に親しんで
豊田市永覚町の農家高木宏道さん(46)が、インターネットラジオでパーソナリティとして週1回農業の魅力や作物の旬の情報を発信している=写真。ラジオの内容は農場で起きた出来事が中心で、仲間の農家をゲストに招くなどさまざまな話題を提供する。
【後藤】


東京五輪新種目にクライミング 岩登りのメッカ 人気に拍車 松平地区でシーズンイン
20181115クライミング
 ボルダリング岩場のメッカとして以前から早稲田や慶応大生も訪れるなどクライマーにはよく知られていた豊田市松平地区などの岩場が、東京五輪の新種目にスポーツクライミングが選ばれたこともあって最近人気が高まっている。同地区坂上町重石の宿泊施設「マクロビレッジ」(篠田貴代美さん経営)では「シーズンの冬までに施設整備してクライマーの役に立ちたい」と話している。徳川家の始祖・松平家発祥の歴史あるまち松平地区のまちおこしのきっかけになるかもしれない。
【鬼頭】


主張発表日本一へ壮行会 みよし商工会 渡辺貴志さん 思いを全国に 250人が後押し
20181115渡辺さん壮行会
 若手経営者らが活動発表する「商工会青年部主張発表全国大会」に中部ブロックを代表してみよし商工会の渡辺貴志さん(44)=莇生町=が出場する。みよしに初の日本一を持ち帰ってもらおうと9日、渡辺さんを応援する壮行会が三好町の文化センター・サンアートであった。同商工会青年部有志でつくる実行委が企画し、商工会関係者や市民など約250人がエールを送った。
【九郎田】


カードゲームでSDGsを体験 みよしワークショップ
20181115SDGsワークショップ
 2030年までに世界が共通して取り組む行動計画SDGs(持続可能な開発目標)を市民目線で考えるワークショップが7日、みよし市三好丘のカリヨンハウスで開催された。参加者はカードゲームを通じ、楽しみながらSDGsの概念に触れた=写真。
【九郎田】


豊田市山間部 農村舞台に作品展示 地域の絆 芸術でつなぐ 全国から公募 アートプロジェクト
20181115農村舞台
豊田市文化振興財団(大山輝美理事長)は18日から、市内の5つの農村舞台で全国公募作家による農村アートプロジェクト2018アート展を開く。25日まで。
【岡田】


実物そっくりに 保見ケ丘 奥村さん 植物画展に21点
20181115植物絵
豊田市保見ケ丘の画家奥村博子さん(79)の「植物画展」が現在、日進市米野木町のギャラリー森の響で開かれ、愛好家らが足を運んでいる。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する