FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4767号(2019/02/21発行)

時が来れば中枢の大臣になる人材 グループ水月会同志斎藤氏が太鼓判
八木衆議院に1000人エール

地元の八木哲也衆院議員の政治資金パーティーが18日、名鉄トヨタホテルであり、支援者1000人が詰めかけた。八木氏は「政治は謙虚に耳を傾ける一方、与党として責任を以って決めて前に進まなければならない。常在戦場の身。皆さんの力強い支援で戦っていく覚悟だ」と力を込めた。倉知俊彦前県議の逝去後に後援会長を務めた三浦孝司県議がこの会を限りで退き、杉原功一大豊工業社長が就くことが明らかにされた。
【後藤】


豊田市予算案 迫るラグビーW杯関連重点配置
超高齢化社会対策 医療センター新棟整備

 豊田市は15日、今年9月に開幕する世界的なスポーツイベント「ラグビーワールドカップ日本大会」の関連事業に力点を置いた2019年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比2・2%増の1843億円で、過去2番目の規模。21年度当初予算から影響が出る法人市民税の1部国税化や市町村合併の特例廃止による財政規模の縮小を見据え、重点施策に積極投資する考えを反映した。2期目の最終年度を迎える太田稔彦市長は「財政に比較的余裕がある現段階で近い将来にフツーになると思われる施策に重点配分することで得られる利益を最大化する」との考えを示した。
【後藤】


みよし市予算案 三好ケ丘駅前広場を再整備
20190221みよし当初予算
みよし市は2019年度当初予算案を13日、発表した。一般会計は237億2400万円で、前年度当初より0・8%減ったが、過去4番目に多い積極的な予算を組んだ。新規事業のひとつとして着手するのが三好ケ丘駅前広場の再整備。駅周辺一帯の賑わい創出をテーマに、16年に示された「三好ケ丘駅周辺地区魅力づくり方針」の具現化に向け動き出した。
【九郎田】


「ドングリの森」へ植樹祭 みよし 保田ケ池公園に4600本
みよし市三好町の保田ケ池公園で16日、植樹祭があり、拡張工事が進む公園南側(約2・2㌶)の一画にアベマキやアラカシ、シイノキなど約4600本の苗木を植えた。近隣小学校の児童やその家族はじめ、市民団体など約500人が作業に汗を流した。
【九郎田】


ぬくもりの里 「旅行気分味わって」 28日まで 旭地区出身の2人が写真展
20190221ぬくもりの里
 豊田市池島町(旭地区)の老人福祉センターぬくもりの里で企画展「林洋修&高山寅男 新春写真展」が開催中で、近隣住民らが訪れている。28日まで。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する