FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4795号(2019/09/19発行)

ラグビーW杯20日開幕 英語ガイド60人も万端 世界と出会うチャンス
20190919ラグビー
 豊田市始まって以来の公式国際スポーツ大会「ラグビーワールドカップ2019日本大会」。20日の開会式、23日の豊田スタジアムでの開幕第1戦を目前に控え、市民の関心も盛り上がってきた。海外からのラグビーファンのおもてなしを通じ、豊田を世界に知ってもらうと同時に、市民が世界と出会うまたとないチャンス。そしてそれこそが未来に向け、大人から子どもまでが街を開く「レガシー」となる。3年前から世界各地からやってくるラグビーファンのおもてなしをと準備を進めてきた豊田市国際交流協会の英語ガイドボランティアの参加者に大会に向けた意気込みを聞いた。
【柴田】


豊スタに最も近い プレステージホテル ユニフォーム着用し開催機運盛り上げる
20190919プレステージホテル
 豊田市駅前の民間事業者も盛り上げ役に一役買う。開催会場である豊田スタジアムから最も近いホテル、豊田プレステージホテル(喜多町)では8月19日からスタッフが豊スタ出場国のユニフォームを着て宿泊者らをおもてなししている。同ホテルの稲熊徳磨さん(33)は「観光地ではないので初めて豊田市を訪れる人も多いはず。地域の魅力にふれて帰ってもらいたい」とPRする。
【後藤】


交流型施設「kabo.」オープン1カ月口コミで予約数伸ばす ラグビーW杯関連イベント23日開催
20190919ゲストハウス
豊田市の中心市街地では初のゲストハウスを有する交流型複合施設「kabo 」(カボ)が先月4日、竹生町にオープンした。オープン当日は待ち焦がれた地元住民や友人、SNS(交流サイト)などで応援し続けてきた人らで大変賑わった。1カ月経って認知度も口コミなどで上がり、予約数を着実に伸ばしているという。
【高瀬】


「会場は違っても最高」 中止のおいでん総踊り代替催し 1358人が熱く舞う
20190919情熱おいでん
 台風の影響で2年連続中止になった豊田市駅前を踊り歩く夏の一大イベント「おいでん総踊り」。その代替イベント「情熱!おいでんまつり」が14日、八幡町のスカイホール豊田であり、1358人の踊り手が鬱憤を吹き飛ばすように熱く舞った。
【九郎田】


老後を豊かに終活フェア フューネ企画 遺影撮影会が人気
20190919終活フェア
葬儀の準備など自分の意思を家族に伝え、老後の人生をより豊かにする「終活フェア」が16日まで、豊田市西町の松坂屋豊田店であり、6日間の期間中、多くの市民らか足を運んだ。葬祭業地場最大手のフューネ(小坂本町、三浦直樹社長)が企画。今年2月に松坂屋との合同企画で開催したが、好評だったため、同社独自のプロデュースで初めて企画した。
【後藤】


懐かしの映画 音楽と共に 団塊世代の思い出語る
 豊田市在住の映画評論家都築義高さん(81)=宮口町=をナビゲーターに、懐かしの映画と映画音楽を鑑賞する催しが喜多町のイオンシネマ豊田KiTARAで開かれる。10月1日、11月5日、12月17日、2月18日の全4回。 
【岡田】


足助地区 旧鈴木家住宅特別公開 28日 修理現場を見学
20190919旧鈴木家住宅公開
 豊田市足助地区の古い街並みが連なる重要伝統的建造物群保存地区の核を成す国の重要文化財「旧鈴木家住宅」の修理現場が28日、一般公開される。普段見ることができない重要文化財の修理現場や、現場の職人に教えてもらうカンナがけなどのミニ大工体験をすることができる。豊田市教育委員会主催。
【後藤】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する