FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4805号(2019/11/28発行)

【現場異聞】「視覚の冒険」見逃すな 現代美術 作家が語るわかり方
豊田市美術館で岡崎乾二郎展

20191128現代美術
ごく一部の美術ファンを除き、多くの市民から「わからない」と言われる現代美術。豊田市美術館(小坂本町)で23日始まった美術家岡﨑乾二郎さんの展覧会「視覚のカイソウ」もその類であるに違いない。今回、岡﨑さんとは同世代の眼からその「わからなさ」をお伝えする。どのようなことが伝られるのか、見れば見るほど、著作を読めば読むほど確信が持てないままであることをあらかじめお断りする。
【柴田】


ALS闘病 不屈の精神伝える 「諦めず挑戦続けて」
みよしの大津さん 三好高で後輩にエール

20191128大津さん
 「不屈の精神で病気に打ち勝つ」-。治療法がない原因不明の難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患うみよし市福谷町の大津泰弘さん(51)が19日、母校の三好高校で生徒たちと語り合った。発症以来、日々進行する病気と闘いながら前向きに生きてきた大津さん。「諦めない心を持って挑戦し続けてほしい」と後輩たちに呼びかけ、自身も治療法が見つかるまで希望を捨てないことを約束した。
【九郎田】


台風19号被災地支援へ ホーメックス千曲市へ従業員派遣
20191128ホーメックス
廃棄物処理業地場大手のホーメックス(豊田市錦町)が台風19号で甚大な被害を受けた長野県千曲市へ災害復興支援員を派遣する。処理業者でつくる大規模災害時廃棄物対策中部ブロック協議会から要請を受けた県産業廃棄物協会が全会員へ依頼、同社が派遣を決めた。豊田からは初めて。2000年9月に発生した東海豪雨以来の災害支援で「本業の経験を生かし社会貢献するとともに毎年発生する自然災害時の対応を浸透したい」と話す。
【後藤】


市民参加の演劇公演 景を切りとり物語に 文化会館30、1日 3家族の日常描く
20191128演劇
演劇公演「景を切りとる舞台」が豊田市小坂町の市民文化会館大会議室で30、1日、開催される。とよた演劇祭実行委員会(図師久美子代表)と市文化振興財団、とよた演劇協会(石黒秀和会長)主催。
【岡田】


子ども食堂へナス提供 JA 研修生育てた規格外活用
20191128子ども食堂
 子どもに安価で温かい手料理を振る舞ったり、地域の交流拠点にもなっている「子ども食堂」の活動を後押ししようと、JAあいち豊田(西町)が食材支援に乗り出した。みよし市福谷町の旭の家を拠点に、昨年4月にオープンした「うきぐも食堂」へ月に一度、市内で栽培されたナスを届ける。
【九郎田】


路上喫煙 絶対ダメ 豊田LC グランパス戦で啓発
20191128グランパス
 国際奉仕団体の豊田ライオンズクラブ(河合達雄会長、会員31人)が23日昼、市の協力を得て、市駅前で路上喫煙防止の啓発活動を行った。
【後藤】

※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する