FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4820号(2020/03/19発行)

豊田市副市長2人交代 国交省出身4年ぶり
太田市政集大成に安田氏登用

 豊田市の副市長2人が4月1日に交代する。市議会が3月定例会最終日の13日に太田稔彦市長提案の人事案に同意した。土木・建築系部門を担当する副市長に国交省職員が就くのは4年ぶり。太田市長は「ラグビーワールドカップに向けて市が一体となって取り組むにあたって市職員OBに担っていただく意義は高かったが、100年に一度といわれる変革期を迎えた次世代移動手段の普及や河川の防災対策など実務と財政両面で国とのパイプの必要性が高まっていると判断した」と話す。新副市長の任期は2024年3月31日までの4年間。
【後藤】


丸太運び ネット学習 見守り訪問 休校2週間、地域が支え
20200319ガキ大将講座
 新型コロナウイルスの感染拡大で学校や公共施設が突然、休校・休止して2週間が過ぎた。長い1カ月を子どもたちはどう過ごしているのか。学校任せにせず、できることは自分たちの手でと、大人たちも支援の輪を広げている。まちを歩いてそんな試みを続ける人たちから話を聞いた。
【柴田】


和紙のふるさと28日オープン 国際紙フォーラムに対応
20200319和紙のふるさと
 豊田市永太郎町(小原地区)の交流体験施設・和紙のふるさとが改修工事を終え、28日にリニューアルオープンする。当初改修記念で予定していた和紙の展示館の無料観覧や半額でできる紙漉き体験は新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となった。
【後藤】


学校休み 食事は家で JAでコメの販売量増加
20200319コメ
JAあいち豊田(柴田文志代表理事組合長)の店頭精米売り場では、コメの販売量が2月下旬から増加している。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、小中学校が臨時休校したことにより家庭で調理する機会が増えたためで、JAでは「販売するコメは十分確保できているので、落ち着いてお買い求めください」と呼びかけている。
【後藤】


大学生が議員活動体験 自分の考え持つ機会に
新型コロナで臨時休校 自宅での学習法考案

20200319水谷議員インターン
〉 地方自治の仕組みを学ぼうと、みよし市の3期水谷正邦市議(38)の下で大学生2人がインターンシッププログラムに取り組んでいる。2月上旬から市内各地に足を運び、みよしの魅力や課題を探ったり、3月定例会を傍聴したりした。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、議員になったつもりで社会問題にも目を向けた。
【九郎田】


農林畜産物 12品目で品評会 金賞受賞者が一堂に
20200319品評会
豊田市と市農産物ブランド化推進協議会(柴田文志会長、JAあいち豊田組合長)は、同JA(西町)で13日、2019年度の市農林畜産物品評会金賞受賞者に各賞を授与した。
【岡田】


染物に自分らしさを 民芸の森 小原の別府さん個展
 豊田市民芸の森(平戸橋町)で現在、小原町の染織家別府佳代子さん(58)の個展、森のアート展「日々折織-自然・季節・暮らし」が開かれ、多くの愛好家らが訪れている。4月19日まで。
 別府さんは小原中、豊田西高、名古屋造形芸術短大造形芸術科染織コース卒、同大専攻科修了で、同大実習助手も務めていた。子育て期間を経て、2008年に染織を再開し、10年から市民芸館講座講師を務めている。
【岡田】


豊田東高1年の中さん 4コマ漫画で日本一
 豊田東高1年の中智奈望さん(16)=配津町=が、全国の小・中学高校生を対象に開催された「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」の4コマ漫画部門で6578点の応募から最優秀賞に選ばれた。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する