FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4824号(2020/04/16発行)

市民直結、公共153施設を休止 公立校も6日まで延長
20200416公共施設P
新型コロナウイルスが拡大するなか、豊田市は10日、市役所や水道、清掃業務などのライフラインを除く公共施設の153施設について、5月6日までの休止を発表した。小中・特別支援学校104校についても今月24日までとしていた休校措置を6日までに延長する。太田稔彦市長は「市民生活に大変大きな影響を及ぼすことになるが、家族や大切な人を守るため協力を強くお願いしたい」と訴えた。
【柴田】


豊田市議会自民ク 市長に対策を要望 子ども支援など7項目
豊田市議会最大会派の自民クラブが9日、新型コロナウイルス感染症対策に関する要望書を太田稔彦市長に提出した。リーマンショックや東日本大震災直後にも同様に緊急要望書を出しているという。
 市民への適切な情報提供や物資の確保、中小・零細企業を中心とした産業保護、子どもたちの健全育成など7項目で対策を求めている。
【後藤】


遊技業大手善都 豊田市社協へマスク寄贈 不足する福祉施設で活用
20200416善都/豊田社協へマスク寄贈
遊技業地場最大手の善都(豊田市若宮町、都筑善雄社長)は10日、新型コロナウイルス感染拡大によるマスク不足解消に役立てるため、地元の豊田市社会福祉協議会(錦町1、柿島喜重会長)へ不織布マスク1000枚を寄贈した。同社では「先行きが見えない中、継続性という視点に立ち、自分たちができる範囲の中で積極的に社会貢献をしていきたい」と話しいる。
【後藤】


猿投中生徒らの安全確保へ 市道乙部舞木線開通
20200416道路開通
豊田市北部・猿投地区を通る「市道乙部舞木線」が3日、開通した。
【後藤】


豊田YEG 荒波の中20年度「岩崎丸」船出 先行き見えない中 会長の手腕に注目
豊田市の若手経営者らでつくる豊田商工会議所青年部(YEG、会員145人)が荒波の中、2020年度体制を船出した。今年は創設35周年記念事業を10月に予定し、来年度主管する東海地区ブロック大会を準備する重要な年度を迎えたが、新型コロナの感染拡大という予想だにしなかった状況の中、岩崎洋平会長(42)=上原町=は前例のない事態の中で日々状況判断と決断に迫られている。
【後藤】



農福連携で障害者が社会参画 梨の受粉に精を出す
20200416農福連携
JAあいち豊田梨部会は8日、社会福祉法人豊田市育成会と連携し、障害者6人に梨の花に花粉をつける授粉作業を依頼した。授粉のもれがないようあらかじめ着色した花粉を使い、棒の先に羽毛のついた梵天を使い風のない晴天の日に行われた。
【後藤】



地図片手に市駅周辺4キロ 名木めぐり街中ぶらり
20200416桜
豊田市駅付近の名木や市指定の天然記念物を、地図を片手にめぐる「春のぶらコロモ-名木めぐり編」が行われ、市民らが散策していた。5月31日まで。イベントを企画した近代の産業とくらしの発見館(喜多町)は現在閉館中だが、街中の春を楽しみながら歩いてみた。
【岡田】



稲武地区 しだれ桜が見ごろ 19日まで 瑞龍寺、大安寺でまつり
 豊田市稲武地区の瑞龍寺(稲武町)と大安寺(大野瀬町)でしだれ桜が見ごろ迎え、19日まで「桜まつり」が開かれている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する