FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4825号(2020/04/23発行)

市民・事業者支援コールセンター 豊田市が県内初設置
 豊田市の太田稔彦市長は20日記者会見し、市民向けと事業者向けにワンストップで新型コロナウイルスの対応に電話で応じるコールセンターと、専用の相談窓口を23日から市役所内に設置すると発表した。また、学校再開に向けて明るい展望を持ってもらうため、再開後の1学期中は給食費を無償化する。ともに県内初の取り組みで、太田市長は「困難なこの時期を市民と一緒に乗り切りたい」と述べた。
【柴田】


ベイマックス街の癒し 上野町の山内さん 笑顔で明るい気持ちに
街を歩く不思議な着ぐるみ。ボヨーンとしていてどこか愛嬌がある。聞けば着ぐるみの主は2月末、新型コロナウイルスで全国一斉に学校の休校要請が出てから、見る見る落ちてきた街の雰囲気を少しでも明るくしようと、週末に着ぐるみ姿で歩いているという。
【柴田】


山信商店 最前線担う仲間に感謝 全従業員へ最大二万円
豊田、岡崎市で食品スーパー7店舗を展開する山信商店(豊田市上原町)は、パートやアルバイトを含む全従業員750人に慰労金として一人最大2万円を支給した。新型コロナウイルスの感染が広がる中、感染の不安を抱えながら最前線で接客する従業員に感謝を伝え、今後も一致団結して働こうとの思いを込めている。
【後藤】


途絶える客足 耐える飲食店 「みよしの灯消えてしまう」
新型コロナウイルスの影響でみよし市内の飲食店は急激な減収に頭を悩ませている。みよし商工会が実施したアンケート調査では7割近い飲食店が「売上が40%以上落ち込んでいる」と回答した。各店が暖簾を守ろうと資金繰りに奔走しているが、終わりの見えないコロナ禍に地元店主たちの不安は募る一方だ。
【九郎田】


地産地食へ 8店がレシピ紹介 「豊田の味」を料理本に
豊田市は市内農産物直売所の活性化のため冊子「産直MAP with JAグリーンセンター」を更新し、市地産の農産物を使用した料理本「とよたの地産地食レシピ集」を作成した。17日から、市農政課と市政情報コーナー、各支所、交流館、市内直売所(産直MAP掲載店舗)で配布している。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する