FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4841号(2020/08/27発行)

新伊勢神トンネルに専用歩道 郡界橋の来春完成後着工
20200827郡界橋の完成イメージ図
国道153号の難所、豊田市明川町-小田木町の伊勢神トンネル周辺で新伊勢神トンネル(仮称)の建設を含む道路改良工事が進んでいる。旧稲武町側の段戸川では新郡界橋(同)の架橋工事が急ピッチで、来年3月には全長134㍍の新橋が完成予定。新トンネルの掘削は橋の完成後、稲武側から始められる。トンネル完成は10年以内とされ、完成すれば歩道も整備されて自転車通行も可能となる。安全面から矢作川を遡行して稲武を目指す〝チャリダー〟は首を長くして完成を待つ。
【柴田】



中京大中京 豊田の2人 無敗のチームでベンチ入り 一般入学組 努力が結実 甲子園で校歌 夢叶う
20200827甲子園
12日にあった「甲子園高校野球交流試合」で智弁学園(奈良)に勝利した中京大中京高(名古屋市)でベンチ入りした豊田市出身の3年市川達也内野手=崇化館中出身=と同松本祥哉外野手=豊南中出身=が17日、豊田市役所に太田稔彦市長を訪ね、試合の結果報告や春夏の甲子園中止になった時の思い、明治神宮大会で日本一になるなど新チーム結成後負け知らずの強豪チームで過ごした高校生活、将来の夢などについて率直な思いを語った。
【後藤】



みよし北部で「ゲリラ花火大会」 自宅から夏の思い出を 行政区が企画
20200727ゲリラ花火大会
お盆中の14日、みよし市北部の三好丘桜公園で突如、色鮮やかな花火が打ち上がった。閑静な住宅街に響いた花火の音に驚いた人もいたようだが、実はこれ、一部の住民にしか知らされず行われたゲリラ花火大会。新型コロナウイルスの影響で外出や帰省の自粛が呼びかけられる中、夏らしい一時を味わってもらおうと、三好丘緑と三好丘桜行政区が共催で企画した。 
【九郎田】



コロナ退散 頼りはアマビエ様 三州鬼瓦を諏訪神社に奉納
20200827屋根瓦
疫病退散にご利益があるといわれる妖怪「アマビエ」をかたどった鬼瓦が、豊田市怒田沢町(足助地区)の農村舞台「寶榮(ほうえい)座」を見下ろす諏訪神社に奉納された。舞台を管理する寶榮座協議会の青木信行会長(70)は「コロナの感染拡大で毎年続けてきた七夕歌舞伎を中止せざるを得なくなった。アマビエ様のご霊験でウイルスを追い出し、早く元通りに七夕歌舞伎や子ども歌舞伎ができるようになってほしい」と話している。
【柴田】


「豊田茶」をアイスに JAが新たに販売
20200827アイス
JAあいち豊田は、豊田市の特産・お茶を知ってもらおうと、抹茶・ほうじ茶のアイスクリームを販売している。
【岡田】



四郷スマートタウン誕生 人口増など発展著しい 豊田北部の商業拠点に熱視線
20200827スマートタウン
人口が増加する豊田市北部の商業の拠点となる複合商業施設「四郷スマートタウン」がこのほど完成し、豊田初のホームセンターや食品スーパーなど注目される各テナントは9月から順次オープンする。豊田四郷駅周辺区画整理事業の商業エリアで整備が進められた商業の拠点施設の誕生で、のどかな農村地帯に一つのまちができ、地域住民らから期待の熱視線が送られている。
【後藤】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する