FC2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4846号(2020/10/01発行)

キャンプ場 ブームに拍車、テントの花 コロナ禍の行楽 地域見直すチャンスに
20201001キャンプ村
コロナのもとでも秋の深まりは始まっている。食欲の秋、スポーツの秋、そして行楽の秋。だが、市内各地の行楽地では今春以降、イベント中止やライトアップ中止が相次でいる。どうすれば3密を避けながら行楽を楽しめるのか。そんななか、折からのアウトドアブームでキャンプ場はどこも盛況。中止される挙母祭りや猿投まつりでも神事は行われ、子どもたちのお囃子も披露される。コロナ禍のもとでの行楽の楽しみ方を探った。
【柴田】


花火大会9割中止 事業者存続の危機
豊田煙火が一括サポート オリジナル大会相談窓口開設

20201001豊田煙火
打ち上げ・仕掛け花火の製造、花火大会の運営などを行う豊田市山中町の豊田煙火(青山豊代表)は9月から、新たなサービス「オリジナル花火大会相談窓口」を開始した。素人には難しい打ち上げ許可申請や後片付けまで一手に担う、コロナ禍で存続が苦しい日本の伝統産業・花火の生存をかけた取り組み。青山代表は「全国で行政や観光協会主催などの花火大会が中止になる中、企業や団体などがオリジナルで花火大会を企画することで『3密』を避けて安全に花火を楽しんでもらいたい」と呼びかけている。
【後藤】


アニマル体操クラブ 子どもらの絵で元気付け
20201001体操クラブ
豊田市八幡町のNPO法人「アニマル体操クラブ」が「コロナに負けるな!」をテーマにポスターコンテストを企画し、同町のスポーツハウスアニマルで20日まで展示会を開催している。
【高瀬】


絶景見なら手軽にマスを 小原地区 大福魚苑がバーガー販売が
20201001大福魚苑
ニジマス釣り体験ができる豊田市大ケ蔵連町(小原地区)の飲食店「大福魚苑」がオリジナルの「ますバーガー」を売り出している。コロナ禍で地区内のテイクアウト需要が高まる中、手軽に食べられる商品として3年ぶりに復活させた。
【九郎田】


過疎化で暗い夜道照らす 小原地区で3日 軽トラあんどんパレード
20201001あんどん
豊田市小原地区を手作りの照明「あんどん」を載せた軽トラがパレードする「第9回軽トラあんどんパレード」が3日、ある。主催者は「疫病や大雨などの自然災害と向き合う時、かつては祈りを通して不安を解消した。そこには必ずと言っていいほど音があった。祈りをあんどんに込めて音を合わせ、メッセージを届けたい」とPRする。
【後藤】



オンラインで演劇体験 小中学生11人公募 戯曲作成、動画も公開
20201001演劇体験
豊田市文化振興財団は「オンラインとよたこども戯曲ワークショップ」を開催し、その様子をまとめたダイジェスト動画と子どもたちの書いた戯曲をプロの役者が演じた動画を「You Tube」で公開している。
【岡田】



※記事の詳細は本紙(または電子版)をご覧ください。


【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する