fc2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4923号(2022/04/29発行)※05/06合併号

都築氏後継に市職OB酒井さん 来春豊田市議選 上郷・畝部地区
来年4月の豊田市議選で、議長や最大会派自民クラブ団長を務めるなど上郷・畝部地区を地盤とする南部地区の重鎮・都築繁雄議員(75)=5期、神谷派、桝塚東町=が今期限りで退き、後継候補に元市職員酒井斉さん(59)=同=が擁立されることが決まった。酒井さんは定年まで1年を残し年度替わりの3月末で退職。前回選で現職、新人が立って共倒れした上郷・高嶺地区は前回名前が挙がった人の出馬も噂されるが、分裂した影響から一本化されるまでに至っていない。だが、擁立次第では地盤の小さい石野や旧町村地区に影響を与えそう。
【後藤】


三越豊田オープン 駅前に活気再び
20220429Tface1.jpg
三越豊田店が22日オープンし、TフェースA館が全店開店。23日に最初の週末を迎え、A・B両館で2万8000人と、コロナ前の2019年同時期と比べても3割増の買い物客で賑わった。1階食品売り場では青果、精肉、鮮魚の生鮮3店舗も出揃い、「いらっしゃい」「安いよ」と威勢のいい声が響き、半年ぶりに駅前の賑わいが戻った。
【柴田】


高齢者世代に「革命」を 小原にヒップホップチーム
20220429JBR.jpg
ヒップホップミュージックに乗ってダンスを踊るのは65歳前後の高齢者だ。豊田市小原交流館で毎月第1~3木曜に開かれるシニアヒップホップダンスチーム「JBR(じいちゃんばあちゃんレボリューション)」。
【今井】


伝統文化で持続可能な地域に 豊栄町1区 自治区8日 木遣り唄3年ぶり披露
20220429まつり
日本の伝統文化の「木遣り唄」の継承に取り組むトヨタ自動車本社のお膝元、豊田市豊栄町1区自治区(内藤泰久区長)有志でつくる保存会が5月8日、地元の豊田神明社(豊栄町)で3年ぶりに木遣り唄を披露する。新型コロナの感染状況を見極めながら毎月2回、土曜夜に稽古を重ねてきた。平野勝三会長(79)は「昔から住む人と移住してきた人が木遣りを通じて交流を深め、理解し合って神社の維持や自治区活動、祭りなどの地域活動を持続していきたい。久しぶりの披露で景気づけて、10月の秋の大祭には子ども会も入れて盛大に開催したい」と意欲を見せる。
【後藤】


創作劇で「生」を問いかける 「青い金魚」が10周年記念
20220429創作劇
豊田市を拠点に活動する演劇団体「劇団ドラマスタジオ」と表現活動を通じた交流を目指す「創作パフォーム青い金魚」が8日、豊田市民文化会館(小坂町)で創作・音楽+朗読+劇「この地球(ほし)で生きる-人は何を待ちつづけているのか」を上演する。出演者らは本番に向けて稽古を重ねている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(又は電子版)でご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する