fc2ブログ

新三河タイムス社

愛知県豊田市にある新聞社。豊田市、みよし市の情報を発信。

新三河タイムス第4994号(2023/10/20号)

労組「21の会」で一本化を 木本氏擁立に政党色懸念 豊田市長選挙
任期満了に伴う豊田市長選(来年1月28日告示、2月4日投開票)をめぐり、市議会最大会派の自民クラブ(山田主成団長、28人)とトヨタ自動車労働組合(鬼頭圭介委員長、組合員約6万8000人)の2回目の会談が11日開かれた。
【後藤】


人生100年時代 地域づくり討論 豊田で全国共生サミット しきしまの家が実施報告 中3「いつか旭、盛り上げる」
20231020サミットp2
地域支え合いの社会づくりを目指す第5回地域共生社会推進全国サミット(豊田市主催)が12、13の両日、北海道から沖縄まで全国31自治体の関係者や福祉事業者、一般市民ら延べ約2100人が参加して豊田市駅前のコンサートホールを主会場に開かれた。全国こども食堂支援センター理事長の湯浅誠さんや、豊田市とも縁の深い牧野篤・東京大学大学院教授ら多彩な顔触れが進行役を務め、パネルディスカッションや分科会が行われた。なかでも地域共生に留まらず、世代を超えた持続可能な地域づくりを目指して、今年4月オープンした旭地区・敷島自治区の「しきしまの家」の実践報告が注目された。
【柴田】


LINE相談 夏休みに急増 豊田市 若者の自立支援 オンラインゲームで距離縮める
20231020相談
コロナ禍の社会環境の変化を背景に長期間ひきこもり状態や不登校に悩む人が急増している。豊田市若者サポートステーション(小坂本町)では、それらに悩む15歳から39歳の若者と家族を対象に支援に取り組んでいる。総括コーディネーターの加藤薫さん(73)は「人に頼ることも大事。悩みがあれば、一人で抱え込まずに相談を。やさしいスタッフが待っている」と呼びかける。
【高瀬】


地域の目光らせ違反開発監視 豊田市開発事業対策協議会が「違反防止週間」新設 盛土規制法後押しパト強化
20231020違反開発防止週間
 豊田市内の違反開発の監視などを行う市開発事業対策協議会(会長=鈴木学副市長)が、今年5月に施行された盛土規制法を後押しに新設した「豊田市違反開発防止週間」(16~22日)のパトロールを展開している。
【今井】


全小中学生へ生き物図録 みよしの自然環境を守る会 10周年記念し寄贈
20231020みよしの自然環境を守る会
みよし市黒笹町の境川源流域で里山整備や湿地保全、冬水田んぼの運営やビオトープづくりなどに取り組むNPО法人「みよしの自然環境を守る会」(鳥居鐐一理事長)が10日、同地に生息する昆虫や植物などをまとめた生き物図録6770冊を市に寄贈した。同会設立10周年を記念して制作したもので、市教委を通じて市内すべての小中学生と教職員に届ける。
【九郎田】


上郷地区に農家がこだわりカフェ 長崎出身 20代若者 海外視察 共同経営 食品ロス減へ意欲
20231020カフェ
豊田市南部・畝部東町(上郷地区)に7月開店した農園カフェ「ふぁ~夢+(プラス)」が連日賑わっている。「高橋農園」(畝部東町)の新鮮野菜を使った小鉢や、麺にこだわったラーメンが味わえるランチプレートは満席で入店できない日があるほどの人気。福田遼太代表(27)=岡崎市=は「お客さんが本心から感動した、豊田で一番お気に入りと言って満足して帰ってくれるとやっていて本当によかったと思う」と笑顔で語る。
【瓜生】


11作品を披露「感動届ける」 中京大ダンス部が公演 豊田市福祉センターで28日
20231020ダンス部
豊田市貝津町の中京大学ダンス部が第49回公演「同じ境界(せかい)を生きるものたちへ」を28日、市福祉センター(錦町)で開催する。部員らは本番に向けて練習に熱を入れている。
【岡田】


※記事の詳細は本紙(または電子版)にてご覧ください。



【新三河タイムス電子版のご案内】
新三河タイムス電子版のご提供(有料)を開始いたしました。
ご希望の方は下のバナーからお願いいたします(外部サイトに飛びます)。
dennsibannbana-.jpg

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する